スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨は嫌って言ってみたり、かといって晴れも嫌って言ってみたり、でも雪は好きだったり

  • 2011/10/10(月) 12:00:52


私は少し肌寒いくらいが好きです。
温かいと眠気に誘われてしまいますからね、身に染みるくらいが引き締まっていいです




ふと過去ログを見返してみると、
二日に一度は書いていた時代よりも過疎な現状の方が長くなっている...

ブログの時代というのは終わってしまったように思いますが、
地味ぃに続けている...のは意地のようなものか
何だかんだ4年間記録しているっていうわけで、愛着があるのかも。

なかったことにしてはいけない、と思って閉じたくない
かといって更新倍増計画には悉く失敗しているわけですが。


まぁしかし今一度考え直せば、
ここは自分にとって唯一、日常生活と切り離されている空間(...100%ではないけど)
ここにくれば開放感を味わえるような、気がしているのでしょう
一種の逃げ道ですね(笑)



先日、アンチツイッター派のスレをまとめサイトで見たのですが
誰かと関わりたいのか、一人で酔ってたいのかわからない。そんな空気が気持ち悪い
というのが主張のようで。(確かに、その気持ちは私にもわかります。)加えて、
見ている人はいるかもしれないのに、現実では絶対に言えないような毒を吐くのはありえない
というのもありました。(確かに、その気持ちもわかります。)

現実と断絶した場所ではないのに、現実にはやれないようなことをやってしまう
それはいいことではないでしょうが、
一方で全くもって現実と一致しているなら存在理由がないようにも思います。
勿論、タブーを密かにやっちまおうなんていうのは論外ですが、
環境によって態度や会話内容が変わるのはどこだって同じです。
難しいのは、ツイッターでは閉鎖的な話が実は閉鎖されていないということですかね。
一対一のメッセージはともかく、返信書いても実は見られますから。

寧ろ、実は他人の視線があるということが常に頭の片隅にあることが大事な面もあって、
それがないと本当にカオスになるはず。
(他人の視線があってもカオスなことしか言わない人は知りませんが...)
どうせなら、有益なこと書こうと思ったり。見てる人いるから制御したり。
それがエネルギーになってたりします

自分は毒は吐いてないつもりですが、どうなんでしょうね
というのが一番怖いところ。
実のないツイートだけだと、私はつまらないと思うのでね。
ブログでもツイッターでも批判は書きますが、書く前には慎重にならざるを得ない。
褒めるより批判する方が嫌な気持ちにさせやすいですし、
現実生活ではなかなか言わないことではありますし。
それが毒かどうかは...グレーなのでしょうか?



って自分のことを分析してみても、本当の自分がどうなってるかはわかんねーわけで
それが面白いからやめられないし、それが怖いし。








そういえば、ここってそんなとこだったかも。
一番、私の内面が散らかってるのに、一番、私というものが知られていない。

「見てて楽しい内面」だったらいいのですが。




内面の中でも本当に負の部分は、決して出さないですけどね(笑)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

進行形で積もり続けている4年間+αの茶一さんの日記で楽しませていただいております。


余程のタブーでない限り発言したコミュニティから縁を切れる身軽さが今の日本人になじんでいるように思います。
海外ではフェイスブックが主流ですが日本では未だに匿名性の高いコミュニティが人気です。
匿名が守られているという行き過ぎた安心感がネットでの発言のハードルを下げているのだと思いますね。
一ブログのとある記事にハンドルネームでコメントをするということももちろん同じですが。

  • 投稿者: とば
  • 2011/10/12(水) 15:58:29
  • [編集]

>>とばさん
残念な積雪量で申し訳ないです。もう長いことコメントくださって本当にありがとうございます
びっくりしたんですが、とばさん最初のコメからもう2年半ですよ(笑)なげー!

フェイスブックじゃなくてツイッターっていうのは、自信の有無なんじゃないかと自分は思ってたりします。
自分のこんな一面はこの人には見せられないな、っていう考え方とか。開けっぴろげになる自信がない(私もですが)
だから匿名が必要なんじゃないですかね。匿名だったら毒吐けるし、匿名だったら人目を気にせず趣味に没頭出来る。
ミスったり責められたりしたら消えればいいわけですからね。

まぁ、確かにコテハンだからって好き放題できるっちゃできますし、管理人とも責任度合いとか違いますが
逆に縛りが少ないからこそ、人間が出てしまうかもしれませんよ。

  • 投稿者: 茶ー
  • 2011/10/12(水) 23:50:06
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。