スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガニメデのクリスマス

  • 2011/05/02(月) 11:22:15

44点/100点



・基本情報
日本では1996年出版。
アシモフの初期作品集3冊のうちの2冊目。
執筆年は1939~42(だったはず・・・)(作品によっては発表年が数年後)
表題作を含む短編集

収録作品
『地球種族』
『金星の混血児たち』
『虚数量』
『遺伝』
『歴史』
『ガニメデのクリスマス』
『地下鉄の小男』
『新入生歓迎大会』
『スーパー・ニュートロン』
『決定的!』
『幽霊裁判』
『時猫』


・批評
初期作品と言う事で、クオリティに関しては当然後年の作品に劣る。
というよりも、スタイルをまだ確立できていないという方が適切かと思う。
(アシモフ自身がこの本に書いている解説にも、
 自身でそう受け取っていると思われる箇所がある。)

アシモフらしい、先読みを許さない展開は時々顔を覗かせる。
対話の中でのどんでん返しや、思わぬ穴を突くオチである。
しかし、全体としてやはり初期作品集だという感じ。

個人的に楽しめたのは、『ガニメデ』、『決定的!』、『時猫』辺り。

とはいえ、400P越えで600円台は安いと言えるでしょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。