スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国王のスピーチ

  • 2011/04/13(水) 20:19:31

81点/100点


・基本情報
とりあえず省略させてもらいます



・批評
まさしく英国紳士の如き雰囲気。

ストーリーに関して言えば、大凡予想がついてしまうかもしれない。
しかし、作品世界の完成度が高く、予想を上回るリアリティと迫力を楽しめると思う。
紳士的な落ち着きと、非紳士的な感情の動きがひしひしと伝わってくる。

歴史好きとしては、ロンドンの街の様子、人の様子、霧立ちこめる庭園など、
或いは第二次世界大戦に関わっていく面々の動きにも注目したい。

吃音症(ドモリとも書かれている)に悩む主人公は、
内向的な現代人を象徴しているとも受け取れる。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。