スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強は何の為?

  • 2010/07/04(日) 02:04:30

「俺なんか今日偉そうだな」って言ったら

弟に「いつも偉そうだろ」って言われました。

……確かに。


でもそれでいっか、と納得したので

本日も偉そうに書こうと思います。



「学校の勉強なんて何の役にも立たない」とはよく聞く言葉です。

でも私は違うと思います。

それは「役に立てようと思ってない」、「応用させてない」からです。

ただ闇雲に暗記して、テストの為の勉強するからそうなるんだと思います。


私の考えでは、テストで点を取る"頭良い"は、

生活の中での"賢い"の下位相当で、

確かに点を取ることは誰にでも(何もせずに)出来ることではない。

だからと言って、それはあまり評価できないことだと思うのです

プラトンの「魂の部分"理性"→四元徳"知恵"」みたいな感じでしょうか。

"頭良い"は一を聞いて一を知るだけで、悪く言えば猿真似です



私の主張としては、授業は一生をより賢く生きる為の術を学ぶべきところです

つまり、学校の勉強で「テストで点を取ること」しか覚えないのは意味が薄い

そう思います。


では、どうやって"頭良い"を"賢い"に昇華させるかと言うと、

昇華させかたは恐らく人それぞれあるんだろうと思いますが、

私としては"好奇心"と"理解"が重要だと思います。


暗記をしている人にありがちなのは、

理解していないことと、必要性に駆られて仕方なくやっていることです


常に物事を観察して理由や意味を考えることに繋がると思います。

そしてそれを理解して利用すれば、それが"賢い"ということ。

利用には、例えば授業で知った知識を会話に引用することも含まれます。

考え方の引用も利用。


ですから、一を聞いて一しか覚えられなくても、

一を使ってAを理解できたら"賢い"。



例えば歴史で言うと

ただ年号や用語を覚えるのは"頭良い"の範疇。

それを時代の流れや背景を捉えつつ理解するのが"賢い"


無論その賢さを授業中でしか発揮できなければまだ賢くはないってことに。

「よく生きること」にまで応用すること。


つまり、授業を使い方次第では生活に影響させられることに気付いてないから

「授業は人生において無意味」となるのだと思うのです。










こう語れるのは、まぁ自分はある程度賢いという自負があるからですよね。


前から「本当に勉強は役に立たないか」は疑問として私の中にありましたが

はっきり意識するようになったのは毎日勉強するようになってからですね。


今まであまりテスト勉強(あくまで授業は除く)に精込めてませんでしたし

そういう点では賢い生き方ではなかったかもしれませんが

まぁ今尚それでも学年平均割らないのは賢いからだと思ってますし

(というかろくに受験勉強しなかったのに

今の高校入った時点で賢いよな、って思ってましたし)



まぁ私はプライド高いので(当社比)、

賢くないと(又はそう思ってないと)やってられませんね。


自分で自分を貶すのはまだしも、誰かに貶されるの大嫌いですし

優しさとか求めながらも根底では人を見下してるんですよね。

そういう自分は大嫌いなんですが。

実は見下してるからこそ貶されたくない、貶すな!と思ってしまう。

……逆に言えば自分が相手より優れていて優しいと思っている

つまり「俺は優しく出来るのにお前は理不尽なんだな」みたいな思考が。


嫌ですね。

でもそれが普通、だよね。 ?

















今日はオケ休んで

試験前々日ですし。7時間勉強しました。新記録です

"定期考査は点が取れないけど模試は良い"のジンクスを破りませう。


夏休みは一日10時間勉強、って言うけど

多分飽きますね。

飽きると(=興味がなくなると)途端に虚脱するので。

そういうときだけは丸暗記できる人が羨ましいですね




尊敬する国語科の(担任の)先生に、

現代文の授業で書いた小論文を褒められました。

受験で使う予定の小論文ですが、既に十分戦えるって言われた。


一年の時も文才あるって先生に言われたけど、それほどとはっ。

勝手に自分の中では文才あるって思い続けてたけど、本当だったんだね(笑)

結論が若干ずれてしまったので、ちょっと不安な出来だったんですが、

自信持ちます。素直に嬉しい。




因みにSQはちゃんと買いました。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。