スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIAR!

  • 2010/01/08(金) 18:59:41

またしてもへすこに絵を貼って貰いました。

っていうかまぁ送り付けちゃったのは私です

今回のはアナログ。→【幻想ピカレスク】 (貼ってくれたのはブログにて。)



「666」の半公式応援者で御座います。







少し前にへすこと絵を描いていて、ロボット工学三原則がお題に出てきて、

それから興味が沸いて今、アイザック・アシモフを読んでおります。

少し前に(←2回目)840円の文庫が……とか書いた、かな?アレです。

ロボットを制御する三原則、その原則によってハプニングが起こる、と

SFはほぼ全く読んだこと無かったのですが、大嵌り中です

今は「ファウンデーション」読んでます。これはロボではなく単なるSF。


さて、その840円の「われはロボット」に載っている「うそつき(Liar!)」。

われはロボットの中で一番好きな話です。

タイトルの通りうそつきのお話。



年末に「ガリレオ」の「容疑者Xの献身」を見たのですが、あれと少し似ている。

私は東野圭吾作品は全く読んでませんが、

連続ドラマのガリレオとは全く違って面白かった(ドラマも面白かったけど

母は東野作品の最後に水泡に帰すのはあまり好みじゃないそうなのですが……





無常観と言ってもお話の中の無常観というのは、読者を惹く為のある種の美化があるわけで

矛盾を含まない程度に工作してある(のが多いと思うの)です


でも容疑者Xは何だかそういうものが感じられない、妙なリアリティーがあった気がするのが

秀逸だなぁと思う原因の一つだと思いました




個人的に、話作りっていうのは矛盾(不自然さ)消しが一番の苦労、醍醐味だと思うので

そういう意味で理想のストーリーです











冬休みも終わり、まだ宿題に追われそうです。とほほ

本当の休みってもんを教えて欲しいものです

今年の冬休みは自分の枕で寝た回数が5割切るという異例の事態になりました














出来るだけ全記事にちょろっとでも絵を載せたいですが

あまりネタが無いので描けません……頑張ります


あと小説は暫く無理っぽです

特に猫は放置しっぱなしです。構想が潰れかけているので……orz

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。