スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖令 慟哭 狂詩曲

  • 2008/11/30(日) 12:38:46


「わかってやれない」も 「わかってもらえない」も

「わかりたくない」も 「わかりたい」も

全ては悲しみへ











''リア

昨夜は10:30に寝てしまいました……更新空いてすいません

何とか月20記事には乗っかれました。11月のジンクスでもあるのかと思いました;;




昨日は久々にオケ。

部活もヤバイですがオケもクリスマス・コンサートが12/20とやばかったり

しかもクラ三重奏で1stだったり。緊張するるる








学校でローゼンは……うん

別に私に災いが振りかからなきゃ本人が良いと思うなら良いんですがね……

私の前の人なので非常に気になる。


早速7巻持ってきてたんですが

「終わり方が微妙だよねー」 って……


終わり方が微妙にならざるを得なかったからYJで再連載してんだろ!!

(授業中に)話し声が聞こえてきてイライラしてました


それに萌えや可愛さやらだけを求めるなら

ローゼンはそれだけで終わらせるのは勿体無い気がします私。






''Rozen Maiden 7巻 (後半

私的には本当に良かったです。

戦いが始まって、ジュンは扉を開いて、でも躓きかけて

「開けますか 開けませんか」辺りは感動でした



そもそもお父様って何でしょう。

命を懸けてでもお父様のために戦う。


水銀燈、雪華綺晶は姉妹6人の命よりも優先するほどです。特に銀

雪華綺晶は異質でマスターを狙っていますがお父様優先であることに変わりはなく

水銀燈はローザミスティカを求めつつもめぐを殺さないようにしまいます

対して、真紅、雛苺、金糸雀は姉妹を大事にしています。

翠星石は「翠星石に害が及ぶ前に」とか言ってますがまた姉妹達が好き

蒼星石はマスターが絶対という形式的な感じですがやはり翠星石が好き

また、それぞれ雪華綺晶以外はマスターを大事にしています。


平和を願いつつも、狙われれば戦わざるを得ず

姉妹が「死んで」しまう悲しみと不安感

翠星石のように逃げ出したくても逃げられず、

かと思うと無常とも思わずに戦いに誇りを思う真紅・金糸雀


マスターもそれぞれです。

ジュン・巴・オディールのように姉妹と一緒にいたい人、またのりも。

めぐは自分が羽ばたくために寧ろ戦ってもらいたがって

みっちゃんは戦いなんて関せずで人形好き

結菱さんは自分の目的優先で戦いはあまり考えていません


それぞれに違った想い。

それでも最大の目的、生きる意味は

マスターの犠牲や姉妹の死を以ってしてでも

アリスとなりローゼンと会う(認めてもらう)こと。

皆どこかでその思いがあるから姉妹を許せるはず



こんな状況を造り出してでもアリスを求めたローゼンです

それほどの覚悟と理想があったんでしょう。

アリスゲームによってアリスが生まれると確信があるんでしょう

水銀燈は「私とお父様だけがいればいい」とか言ってましたが、

本当にアリスだけが価値あるんでしょうか


確かに彼女らは人形で、造ったのはローゼン。

人間と違うから何でしょう。

人間と同じように、またはそれ以上に愛を大切にして

でも、そのために戦う。しかもそれが誇りだと



私の中でお父様と姉妹たちに対する回答が出ないのは

まだそういう経験がないからでしょうね。恋愛とか









その他感想。


水銀燈がめぐと契約したのがなぜかいまいちはっきりしません

戦いに不利だと感じたから?めぐと利害が一致すると気付かされたから?

どちらにしろきらきーに狙われるから?大事だから?

糧と見ていた水銀燈が契約を結んでめぐと分かり合っているのは

真紅の正しさを認めたことでもありますよね

YJでは真紅の鞄で寝ることへの抵抗も薄らいでいるようでしたし


ジュンはやっぱり急ぎすぎです。偉いですけど。

みっちゃんとの合作がこんな形で罰となるとは……


カナは覚悟してたんでしょうかね。

みっちゃんのために戦ったり皆と仲良くなったり

雛と同じで誰も失わない、戦わない覚悟なのかと思ってました。

何にも知らなかったのりの悲しみも当然ですよね




こうしてYJに続くわけですが細かいこと忘れちゃいました('`









''ポケモン

2008112921480000.jpg

ようやっと波乗りですかね。



ポリゴンがなかなか技覚えてくれません……















カインの1巻がamazonで届きました。

中古しかなかったんですが新品同様で吃驚。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

  • 投稿者: ロバート
  • 2008/12/01(月) 16:44:31
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。