スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼しいことは心地よい。体温と違う、体温を揺らがす温度が心地よい。体温と同じだとダメ

  • 2011/09/17(土) 12:43:04

温いと、何だか体の中に入ってきそうな感じがする。
血のような...

涼しいくらいが、疎外感と親和感のバランスにいいのかもしれない






9日間の発掘(実際に作業したのは5日)より帰ってきました。(13日に)
私も土器出しましたよー。
思ったよりツライ作業でも無く、北海道の気温で汗もあまりかかず。

もっとザクザク掘るもんだと思ってたけど、厚さ5cmくらいの間隔で地層が変わるので、
その層の堆積状況を測量するために深さを揃えていかないといけないんですね。
だからエンピ(シャベル?)とかジョレン(鍬みたいなの)より、移植ゴテを使いました。
ずっとしゃがんでいるので腰にはキますが、筋肉痛はそれほどでもなかったです。
ってか土嚢作りが最大の壁でして...そっちに汗だくになるという。







で、溜まったアニメは14日に全部消化してしまいまして(早)
でもあまりの量にどれがどこまでどうだか面倒くさ...大変なので
まぁザクッと

てわけでアニメ感想。

・Steins;Gate(終了)
終わったーーー!!
本当に、見てよかったアニメでした。
内容を語り始めるとハリポタになりそうなので書かないですが、
見てない方、そのうち再放送やる時には是非!絶対!
劇場版もつくられますしね。
ストーリーが素晴らしいのは勿論、キャラクターも魅力的だし、演出も面白かった。
意図的に暗くしてある画面や、蝉、蜻蛉、蝶、また赤を使った抽象的表現、
白昼夢の映像、オープニングの点滅多用、OPEDの変更...
緻密な筋書きながらキャラクターの個性を尊重しているところも素晴らしい。

ただ、最後ハラハラしすぎて、泣く方向にはいかなかったのが残念。
自分にとっては、感情移入というよりはお手本になってしまったのかもしれない
個人的暫定一位であったDTBと比べて...比べられないですよ...

・BLOOD-C(~10話)
ねねののーー!
でもこれどうなるの。文人と先生は同じ陣営じゃなかったのか...(?
9話の古きもののアニメーションは素晴らしかったと思う、ずっしりした感じが。
あの虐殺はなかったことになるのか?壮大な釣りでした?
ってか、時真さん...意味ありげな言動しといてあっさり退席...いやこれもリボーン?
小夜にはもう少し本気で皆を助けてもらいたいナ(苦笑
なんだかんだ目の離せない、好きな作品だなぁ。

・TIGER&BUNNY(~24話)
熱い、熱かった。
ブラックタイガーはジェイク予想だったけど、こっちが伏線になっていたか...やられたな
まぁ、マベさんはもう手はない...よな?
それよりも虎徹がアレだけど。まさかこうなるとはなー。
まさかスターウォーズからドラゴンボールになるとはなー。
ラディッツと悟空とピッコロだよね。悟飯もいるし。
続編を臭わせる公式発言の最中ここまで...
とかいって来週にはおじさんケロッとしてたり...しないかな

・NO.6(終了)
何か思ってたのと全然違うところに着地された。
シオンが守ろうとしていたNO.6を憎み始める→NO.6を憎むネズミが抑える
NO.6を守るための敵だった蜂→実は第三の道
シオンがNO.6を憎む象徴たるエリウリアス=沙布→NO.6を壊したかったのか守ったのか
血清→なかったことにはしてはいけない
キス→何だかNO.6ならこれもアリに思えてくる
「あの嵐が全ての始まりだった」の繋がりももう少し強調してもらいたかったかなぁ
中盤以降全部すっ飛ばしたというか無くてよかったというか
あの努力は何だったんだ!っていうバッドエンドだよね、根本的に。
だって寄生蜂はめでたく大量虐殺したわけで。きっちり壁=NO.6も壊したわけで

原作とは違うらしいからそっち読んでみるのもいいかなとは思う。

・日常(~24話)
どうでもいいこと(っちゃどうでもいいこと)だけど
中村先生がバランス失いかけるところと、ゆっこが着地後にちょっと揺れるところの
アニメーションがたまらんのです。
何でこのシュールなデフォルメな作品でそんなにリアルを追求するのか...gj

・神様ドォルズ(~11話)
「まひる」ってキャラは可愛いの?クロワーゼのアリスを悪い方に引き延ばした感じ
なんだけど何かイイ。案山子起動音も怖イイ
過去編のバトルすごかったなぁ。ヤバかったなぁ。リアルに凍るわ


時間無いので続きはまた次の記事で...!

スポンサーサイト

明日?明後日?明々後日?

  • 2011/09/04(日) 10:53:09


えー、ともかくレポです。



ワシントンナショナルギャラリー展、見てきました。因みに友人と2人で
これはヤバいす。見てきた中でオルセー美術館展に次ぐ名品揃いじゃないかなぁ
教科書レベルの画家で7割占めてると思います。
自然主義からポスト印象派まで、コロー、マネ、ピサロ、ドガ、
モネ、ルノワール、ロートレック、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、スーラなど。
こりゃ楽しめるわという感じ

面白かったのは、女性画家3人の紹介と素描が多くあったことでした。
特に、カサットが良かった。『青いひじ掛け椅子に座る少女』が好き

あ、明日が最終日だったかな・・・?




明日からあっちの方に行くので、暫くお休みです。
まぁ13日に帰ってくるのでいつもとそんなに変わんないっちゃ変わんない(笑)





SQ.の感想ちょこっと書くと、
ミトコン:流石画太郎先生、おれたちにできないことをry
Dグレ:復活かよばかあああああああああああああああああああああああああああああああ
テガミバチ:ガラードかっけえ渋漢だぜ
青エク:いい流れになりそうだね
テニプリ:流血量がクレイモア、ミトコンの次に多い件
最終電車:・・・・・・


もう一回書くけど
馬鹿んだああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
そこは綺麗に退場で良いじゃん...これでクロスもとかなったらマジで呆れ返ってしまう
ロードもどうやら生存らしいし。ラビは扱い可哀想だし(苦笑)
前に談話で星野先生が「死ぬはずの人が死ななくなったり」とか言ってるけど、
死んだ人って...モブ級の人はともかくとすると片手で足りたりして





自分は一応美術学んだし絵描きでもあるけど、
勉強しないで美術展見るってのもまた違うので面白い
北海道でここ行ったけど、全く知らない分野で楽しかった

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。