スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなた、本当に小さい頃は雨が好きではなかったですか、何で濡れるのが嫌いなんですか

  • 2011/05/30(月) 22:06:48

泥遊びと雨って、そういう意味で似ている気がします。
小さい頃は恐らく嫌いじゃないんです
濡れたり汚れたりするのが面倒だったり嫌だったり
段々そう思うのでしょうね。
そう思い始めるのは母親の影響だったりするのではと私は考える。
汚れを意識するきっかけって、多分「お洗濯大変なんだよ?」みたいな言葉じゃないかと
で、誰か気にすると段々それがデフォルトになっていくんじゃないかなぁ。



多分であって全くもって非科学なのですが。


こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です。今日のテーマは「恋人に求める条件」です!人それぞれ好みのタイプなどあると思いますあなたが恋人に求める条件は何ですか?私はあまり条件っていう条件はないんですが、あえて言うなら筋肉!!ですかね(ちなみに新村は女なんで男性に求める条件になります笑)そこまでマッチョが好きなわけじゃないんですがやっぱり筋肉がある人には惹かれてしまいます。。。性格的なことなど細...
FC2 トラックバックテーマ:「恋人に求める条件」


>>担当のミス・新村に倣って見た目を一言で基準付けるなら、
 「美脚」です。必要条件では無いけど惹かれるポイントNo.1
 っていうか女性を見るときにまず第一に(ry
 詳しいちょっとイヤらしい話はヒミツ。
 性格的なことはヒミツ。








靴を買ったのですが、これが少しヒールのあるヤツで、
しかも爪先もとんがったタイプで、
これが意外と歩き方が難しい。

爪先立ちすると姿勢が良くなるんですよね。
だから靴買うなら少しヒールあるといいな、とは思っていたのです

実際履いてみると、女性がハイヒールで走れない理由がよくわかる。
クラウンチングスタートみたいで走りやすいんじゃないかとか思ってたけど(笑)
4cmくらいの底上げなのですが、想像以上に盛ってる感じ。
電車で席を立ったら網棚に頭ぶつけた時は自分でビックリ。というかダセェです

爪先の方も、電車のドアが閉まる時にぶつかったり、階段が慣れなかったり
今まで当然と思ってきた自分の足のサイズが変わるって何か新鮮だったり。


オサレって難しい(苦笑)







やっぱ女性は筋肉好きなのか。
しかし私の筋トレは三日坊主が数人・・・。

スポンサーサイト

早すぎた、なんて「もし」論だ。

  • 2011/05/29(日) 12:27:42


「もし」の話はあまり好きでないけど、
私もそう思っている。

数えで享年80歳。

何で早いと思うかと言うと、
寿命よりも短いからというよりも
祖母が様々なことに挑戦して、いろんな楽しみを持っている人だったから。


3年前に曾祖母が亡くなって、
介護をしていた祖母も自分の時間を多く持てるように・・・
なるはずでした。
なのに、直後がんが発覚し療養生活を余儀なくされ・・・

勿論曾祖母の死が良かったという意味ではありません。
曾祖母も、祖母と同じように多くの遊びを知る人でした。
違うのは、103歳まで生きた事です。

祖母のように老後も充実して生活できる人が、
そんな人がどうしてこんなにも早く・・・と。
もっと楽しい人生を最後に味わって欲しかった。


祖母が幸せ者だなと思ったのは、
お参りにいらした近所の方が、泣きながら遺体に語りかけていた時。
明るく元気な祖母だからこそだと思う。
親族でもない人に泣いてもらえるなんて、素晴らしい。

私もそう思っているから、
「早すぎたよ」って祖母に声を掛けていたその言葉がとても辛かった。
特に私のもう一人の祖母が、自分と重ね合わせるように泣いていた。



祖父とその息子である私の父が泣くまでは堪えようと思ってたけど、
どうも無理でした。

お化粧した祖母の顔が本当に綺麗だった。

思い出と後悔が悲しみの雨に色を添える

  • 2011/05/27(金) 19:31:50



5月23日 午前2時過ぎに
祖母が亡くなりました。



葬式を終え、先程自宅へ帰ってきました

少しばかり書き連ねたいこともあるのですが、
とりあえず目先の俗っぽい予定もあるので延期します。

考え中

  • 2011/05/22(日) 00:12:23

現状、このブログの位置が凄く微妙です。
寧ろこのブログありきで今までやってきたわけですが、
作品置き場として全く機能させることが出来ません。

絵のサークルに入ったという事はそちらの方々に自分の絵を見せるわけで、
そうなるとこっちには貼り辛いです。
多分ですけどね。まだ勝手も未来も分からないので。

それに、独り言してるだけだけどツイッターもしてるのですが、
そっちとここの関係も結んでいません。
登録してるだけだけどフェイスブックもあったり。

でも作品置き場に出来るのはここ(HP)だけなのですよ
しかしここは大学の知人等に見られるのは忍びない・・・
しかもこれまでの記事を消すのも忍びない。


状況は変わったなぁ・・・としみじみ思ったりする



今考えている案の中で一番良さげなのは
別個サイトを作ることかなー。

未だ定まらず。

何からも逃れる事は出来まい。己からも、カロリーからも、不自由からも、同時に自由からも

  • 2011/05/20(金) 23:31:00

ね。
ね、とか言ってる人が一番分かってなかったりね。
分かってるつもりが一番危なかったりね。

ね。


こんにちは。 トラックバックテーマ担当の藤本です。今日のテーマは「得意科目はなに?」です。学校に通っている方、または通っていたとき皆さんの得意科目はなんですか?私の得意科目は「美術」でした絵を描くのが昔から好きで、特に美術の時間は本当に楽しかったです美術以外の成績は良くなかったのですが美術だけは良かったです今現在の職業は美術に関係してませんが皆さんはどうですか?得意科目をそのまま職業に盛り込んでる...
FC2 トラックバックテーマ:「得意科目はなに?」


>>苦手科目がないのがウリな代わりに、得意科目と言えるものもありません
 まぁ、美術はそうかな。
 歴史、って言いたいんですがね・・・orz





アメリカの実験で、
一卵性双生児且つ別々の環境で育った人たちをサーチし、
そのペアが60歳の時点でどのような違いを持っているか、
というものがあるそうで

結果は、異常な程の一致を見せたそうです。
見た目は当然として、経歴までもかなりの一致。
数千キロの距離を置いて双方共に同じ職業に就いていたり、
同じ名前の妻を持っていたり、同じ回数離婚していたり・・・ry

この実験は「遺伝vs.環境」に決定的なデータを齎し・・・ry


これは心理学の授業で知ったものですが、
ここで言えるのは
アメリカ人は自らでの意思決定(自由)を重視する余り、
逆に生まれ持った遺伝子によって人生を束縛されているのではないか。
日本人は周りに流される事で、
逆に遺伝子からある程度解放されているのではないか、
という推論で、・・・ry

遺伝というのは知能や外見や・・・というだけでなく、
思考の仕方や判断の方法も決定するということだそうです。




あと、これは別に知ったのですが、
「外向的」と言うのは社交性のことを言うのではなく、
本来は「判断や決定の基準を自ら以外に求める気質」だそうで、
つまり空気を読むタイプだということ。

じゃあ私は内向的な人間だと思ったのですが、
・・・本当にそうなのか?


いつだかの記事に「漫研狙い」とか書いたと思うのですが、
結局そうはしませんでした。

何故かと言えば、「漫研の茶ー」というキャラでありたくないんですね。
漫研というものに付加されるステレオタイプの餌食になりたくない
より正確に言えば、「漫研」の人だと思われたくない、

どうみても「外向的な」理由です。

私は紳士的な振る舞いがしたいんです。
紳士が好きです。
「紳士キャラ」が理想です。
「キャラ」という意識自体、外向的です。
美術部の男であるのと、漫研の男であるのは、私の中では180度近く違うんです。
AB型が理想なのも、左利きであることが好きなのも、「芸術家キャラ」的だからです

私がお洒落をしたいのは、ナルシストだからでは全くないんです。全く。
それを見る人がいなければ、絶対にそんなことしてません。

だって私部屋汚いですからね。
でも学校の掃除当番とかはかなり力入れてやってしまう。


私は私を自由人だと思っていました。
外向と内向を使い分けて生活しているのも、自分がそうしたいからだと
でも多分違うんですね。
大学という新たな環境で、新たなキャラ作りをして気づいたんです。

それが良かったかと言えば、良かったかもしれないけど、
かなりショックです

空白って本当に何も無いの?だってここには空気があるよ

  • 2011/05/18(水) 23:12:44

突然消えまして申し訳ありません・・・
言い訳しますと、アニメーションは着実に進行しているのです。
そのせいです。二兎は追えなかったわけですハイ。


とりあえず、ラストサムライは素晴らしかった!
公開当時に映画館で観た母曰く大分カットされているそうだけれども、
十分な見応えでした。

私泣きましたからね。
余りに格好良く凄まじい生き様に・・・
見逃した方、是非いつか観てみてください。


それで思っているのですが、
作品の採点方法を変えようと思っています。というより追加ですね
「完成度」として100点満点で付けるのは続行として、
オススメ度というのを別枠で考えようと思います。
書き手側の心情として、自分の好みばかり反映されるではなく
それとは別の価値基準もあった方が良いかと思いまして。

例えば「とある」は、
現在社会的にブレイクしていると言う意味で観る価値あると思います
或いはアカデミー賞受賞作品だとか、「映画史に残る・・・」とか、
「これを観ずにアニメは語れない・・・!」みたいな(エヴァみたいな)
そういうのは完成度を除いても価値があるものだと思うし、
私の好みの問題で弾くのは問題だと思うので。

「オススメ度」が完全に客観的なオススメ度にならないのは当たり前ですが、
完全には主観的でない評価も提供しようということです。
逆に「完成度」は更に主観色を強めるかもしれません。





因みに一番好きな映画はスターウォーズのエピソード3なんだけど、
あまりに観すぎてもはや評価が出来ないレベルなので書きません(笑)
ていうか、「こんなにハマってる」作品より上の点数なんて付けたくないような
多分、スターウォーズは私の中で別格扱いになってしまっているのです。

何度も観たという意味ではDARKER THAN BLACK流星の双子もなんですが
まぁアレは何度も観ないと訳わかりませんし・・・(苦笑)

ラストサムライ

  • 2011/05/17(火) 08:26:08

88点/100点

(仮更新状態)

・基本情報

・批評

日常の中の非日常とか非日常の中の日常とか非常時の常備品とか常備品が非常に多いとか非常に血の中の日常とかに地上の日にち

  • 2011/05/09(月) 23:18:58


『日常』面白い。早速ハマる。今3話見てるところです
キャラとか見た目が可愛いのも非常に魅力ですが、
仕草や動作だけでも魅力を感じられるのがイイ。流石京アニさん

突然あり得ないことが勃発してしかもそれを真面目に押し進めて
しかもタイミングよく静まったりすると
見事に笑います





更に別の話ですが
バトルものにおいて敵の設定って大事だと思うのです
バクマン。で言ってたけど、人間がガバガバ死んでしまうのは
流石にあまり良くないわけで(それが良い話もあるけど)
人以外なら殺していい、って意味ではないですが、
主人公側の心証として人だといい感じはしないということです。

例えばスターウォーズは
旧3部作ではクローン、新3部作ではドロイドが敵です。
クローンはグレーゾーンですが、素肌を見せないしまぁ...
...あまり良い言い方ではないけど「替えが利く」ので。
ハリウッド映画みたいに派手に戦う場合、結構重要じゃないでしょうか。

他にジャンプだとBLEACH、ぬら孫、トリコ、保健室
S.Q.ではDグレ、ロザバン、テガミバチ、死鬼、青エク、
 CLAYMORE、エグザムライ、血界戦線


前からスターウォーズに関しては、上手い部分だなと思ってたのですが
今読んでいる本にインディペンデンス・デイのちょっとした解説が書いてあって
インディペryのエイリアンは古典的な設定
 具体例↓
 ・明らかに人類の敵として街を破壊する
 ・人類の友好の手を取らず虐殺
 ・マインドコントロール
というようなことが書いてあり、それにより主人公側を英雄化していると。
監督が故意に意識してそうしたかはともかく、
観客にエイリアン撃退のカタルシスを与えるには効力を発揮しています。
そういう意味でいいやり方だと思います。

まぁ私はあの映画あまり好きじゃないんですけどね。
あまりにエイリアンの邪悪の化身化しすぎていると思う。
多分そこがアメリカ人には好まれるのでしょうが
芸術的なお話では無いと私は思ってしまいます。

剣道やってればよかったのかなと思わなくもない

  • 2011/05/08(日) 10:44:45


スターウォーズ・クローンウォーズを見ているのですが
フルCGのクオリティは十分凄いレベルなんですが、
やはり実写の重厚感は出せていないなぁと思う。
本編のレベルまで作り込んでいれば話はまた別ですが


アニメ版でやはり一番違うのは、
ライトセーバーの扱いでしょう。
ジェダイもシスも一撃一撃を力を込めて振っています
映画のような、存在自体の重みがないので、
映画のようにぐるぐる軽く振り回していても見栄えがしないんだと思います
その点、この方式は成功だと思います。
キレがあって違う格好良さもある。

しかし、アニメーションを作る上でじっくり見てて気づいたのは
一撃の負担を軽くする事で、やられるリスクも軽く出来ている事です。

そもそもライトセーバーは一撃必殺、触れるだけで斬れる武器。
ならば、数で勝負した方が効果的なのでは無いか。
(腕力に圧倒的な差があるなら別)
切り返しの早いセーバー戦では、それに対応できる柔軟さが無いと。
力を込めて振ってしまうと、手首が使えなくなるし剣同士の接触時間が長くなる。
そうなれば剣を振り払うのにも動作が必要で、隙もできる

多分ですけど。
モデルが剣道なのも関係あるかもしれないですがね。
私は詳しくないので・・・残念

星間戦争って凄い概念ですよね。全体を見きれないような戦艦の隊がもっとデカイものを懸けてヤりあう訳で・・・

  • 2011/05/07(土) 02:41:33

スターウォーズで、
ep.4のデカ過ぎるスターデストロイヤーとか
ep.3の戦艦を一回りすると突然視界に入る戦域とか
良い掴みだなって思います。



こんにちは。 トラックバックテーマ担当の藤本です。今日のテーマは「好きなアウトドアは?」ですだんだん暖かくなってきましたね私の好きなアウトドアは川遊びです海ももちろん大好きですが、ちょっとべたべたしちゃうっていう心配がありますが、川は入ったら逆にさらさらしちゃってたりしてとっても気持ちがいいです蛍でも見たい感じですね!みなさんの好きなアウトドアってなんですか?季節関係なく、どんどんトラックバックで...
FC2 トラックバックテーマ:「好きなアウトドアは?」


>>実際に遊ぶ場所も楽しみますが、
 見て楽しめる風景の方が行きたいって思います。
 湖とか、山道をドライブとか。






この土日でレポート2つ、計2000字書く予定の茶ーです。現在AM2:30
まず1000字語るのがキツい気がする。
初レポート課題で躓きたくない・・・



このGW、何かアートを創ろうと思っていたのですが、
GWに収まらない企画を進めています。

アニメーション。
でもオリジナルでは無くて、
スターウォーズのとあるバトルシーンをコピーしております。

完成は未定。
現状は、まず剣のぶつかり合う瞬間などを描いているところ。あと少し。
それからその間を適宜埋めていきます。
恐らく全部で200枚オーバー。本当にいつ終わるやら。
せめてポシャらないように頑張ります。

でも予想以上に勉強になるし面白い。
絵としても得る事は多いのですが、
殺陣の構成の仕方もわかってきます。
例えば、片方が浮き足だっていると、相手はどっしり構えているとか、
片方が一歩前に出ると、相手は一呼吸おいて一歩下がるとか
確実に漫画に流用できると思われ。


プロフィールに可愛い娘を貼っている状況も、
近いうちに何とかしようと思います。

とある魔術の禁書目録(1)

  • 2011/05/06(金) 13:13:22

67点/100点


・基本情報
2008-2009年放送。全24話。
原作は鎌池和馬作のライトノベル。
現在1000万部越え、「このライトノベルがすごい!」4部門同時受賞。
漫画化もされている。

・批評
(実は私は二期から見ています)
明らかに中二病的。主に良い意味で。
超能力バトルやら二つ名やら満載です。

作品の雰囲気は掴みやすいし、キャラクターも多彩。所謂若者向けな感じ。
印象的なスタートで始まり、物語内の世界を見せつけられる。

割とスローテンポな進行。台詞もゆっくり
能力やキャラクターの背景事情、話の展開まで概念的な説明が多く、
分かりにくいし、正直真面目に話についていくのは大変。
逆に雰囲気だけでもある程度で観ていける。
じっくり咀嚼するなら繰り返し観ること必須かも知れません。

一番の問題は、
主人公がアニメ映えしない能力であることと、説教臭いことですかね。

当然、二期を見る前に見るべき。

レベルE

  • 2011/05/05(木) 12:48:23

83点/100点


・基本情報
2011年放送のテレビアニメ。全13話
原作は冨樫義博の漫画(1995-1997年)


・批評
スピーディな会話と魅力的な謎と展開。

某主人公の(見ている分には)魅力的なまでのキャラクターだけでは無く、
よく練り込まれたストーリーによる真面目な進行も素晴らしい。
日常性を感じるトークと、非日常的な事件の対比もよく出来ていると思う。
雰囲気作りがよくて、作品にのめり込める。

ジャンルがコメディであり、深い問いかけをしているような作品では無いが、
娯楽として超上級な作品。

お熱いのはお好きか、と聞かれたら、場合に依る、というバッサリしない答えを返すと思う。

  • 2011/05/05(木) 01:50:00

昨日の記事では、どうも書きすぎたかなとも思っているのですが

原発に反対すること自体を批判するのではなく、
反対を広めればいいというような風潮への批判です。

私自身は、
情報公開の不透明さや杜撰な対応には反感を持っていますが、
安全且つ安心して運用できるならアリだと思っています。
原子力自体への悪感情を持っている方の気持ちはわかります。
日本が原子力を使うことの意味も考えたつもりではあります。

これからも原発を使うならそれはそれで文句言わないけど、
東京原発を造ってもいいと言えるくらいの自信と理解の上にしてほしくはある。







今日は知り合いとボーリングしました。
とっても素人な私ですが、流石にあり得ないスコア(悪い方)を出しまして・・・
自分でもどうしてあそこまでガーターするのか理解出来なかったのですが・・・
2ゲーム目から修正してなかなか(?)になりました。

せっかく駅前にあるんだし、たまにやりに行こうかな。
楽しかったですね。

われはロボット

  • 2011/05/04(水) 12:24:53

70点/100点


・基本情報
日本では複数の出版社から出ています。
一番新しいのは2004年のハヤカワSF(現時点)
アシモフロボット作品の嚆矢。

収録作品
『ロビイ』
『堂々めぐり』
『われ思う、ゆえに……』
『野うさぎを追って』
『うそつき』
『迷子のロボット』
『逃避』
『証拠』
『災厄のとき』

・批評
アシモフがもっとも貢献したと言われる、ロボットSFの短編集。
ロボット工学三原則が生まれた作品群。

アシモフの作品の中でも初期だが、完成度は安定して高い。
個人的には『うそつき』が一番好きです。

点数は、良い作品ではあるもののやはり初期、ということで抑え目。
しかし、アシモフのロボットを読むなら真っ先に読まねばならない本。

降水確率何%から折りたたみ式じゃない傘を持ち歩きますか、と聞かれたら何て答えますかね。

  • 2011/05/03(火) 23:40:10

私は出発時に降ってない限り、折りたたみにすると思います。
自転車だと上手く所持出来ませんので。

因みにもし降ってても自転車で行くと思います







じゃあ、の話ですが
原発から放射線が飛散して健康を損なうレベルの被害が出ます、の確率が
何%から海外逃亡しますか?

確認しますが、これまでずっと0%では無かったわけです。



今国民がやっているのは、
なついているペットのライオンが、お隣のライオンと喧嘩しそうになって
牙を剥いた姿が非常に怖かったから、
夫に言ってペットショップへ売り飛ばそうとしている妻
と同じようなことだと思います。
今まで利用するだけ利用して、地震津波の影響で危険状態に陥った
だから政府(など)に向かって
「建てたのが間違いだった」「即刻停止を」と叫ぶだけ叫ぶ


私自身、原発事故について詳しくないわけですが、
wikipedia見たところ、予想以上の数の事故が起こっていました。
正直、チェルノブイリとスリーマイル以外ほぼ無いんだと思っていました。
(勿論危険度は断然低いですが、作業員が死亡した事故もあります)



これから原発の状態が悪化する可能性がどれくらいかはわかりません。
しかし、何%と言おうが、何%であろうが、
もし大規模汚染となれば間違いなく非難の嵐。
天気予報と違って命に関わる問題ですから、ある程度は当然ですが、
%の問題では無く、全く知る由もない未来のことです。

政府や各組織が早期から情報公開を徹底していれば、
少しは事態は違ってでしょうが、少なくとももう遅い。
その非はあるにしても、では疑えば済むのかと。
文句言うより早く避難した方が身のためでしょうから。
当然、生活があるから、とか
流石にそんな悲惨なことにはならないでしょ、とか思うものですが、
その判断・行動の選択は政府では無く一人一人の問題のはずです。
それなのに全責任を転嫁するのはおかしい。





今回の事故を受けて原発全廃論を主張し始めた人は、
今までの原発の恩恵を無視し、
今まで原発を認めていた自分をも無視しているのではないかと。
その2つと向き合って尚全廃を主張する人は、
筋道として正しいと思います。
しかしそうでないなら、私は問題外だと思っております。

聖者の行進

  • 2011/05/03(火) 11:52:36

74点/100点


・基本情報
日本では1979年出版。
表題作含むSF短編集。

収録作品
『男盛り』
『女の直感』
『ウォータークラップ』
『心にかけられたる者』
『天国の異邦人』
『マルチバックの生涯とその時代』
『篩い分け』
『バイセンテニアル・マン』
『聖者の行進』
『前世紀の遺物』
『三百年祭事件』
『発想の誕生』

・批評
アシモフ作品として、ロボットものとそれ以外のSFに分けられるかと思う。

ロボットものは、作品内の時間軸として、次世代へ移行するものが多い。
ただの手伝いロボットとして始まり、作業用に発展したロボットが、
遂に~~になったり、遂に~~を生み出したり・・・といったもの。
アシモフの未来予想図がよくわかり、成熟したロボット世界が楽しめる。

中でも『バイセンテニアル・マン』は、長編化、映画化(『アンドリューNDR114』)。
(長編化作品は読んでいませんが、)
映画は映画らしい脚本となっており、これはこれで良い作品でした。(私は涙を・・・)
原作は、中編と言えるような長さで、非常に典型的にアシモフ的展開。

ロボット以外では、設定が複雑な(想像しにくい)話が多い気がする。
時代背景、設定に凝っていて、逆に読者はついていくのに大変でもある。
因みに、『男盛り』は短い詩
『発想の誕生』は、発想が非常に愉快。

個人的に楽しめた上位は、
『バイセンテニアル・マン』、『三百年祭事件、』『発想の誕生』、『女の直感』

ガニメデのクリスマス

  • 2011/05/02(月) 11:22:15

44点/100点



・基本情報
日本では1996年出版。
アシモフの初期作品集3冊のうちの2冊目。
執筆年は1939~42(だったはず・・・)(作品によっては発表年が数年後)
表題作を含む短編集

収録作品
『地球種族』
『金星の混血児たち』
『虚数量』
『遺伝』
『歴史』
『ガニメデのクリスマス』
『地下鉄の小男』
『新入生歓迎大会』
『スーパー・ニュートロン』
『決定的!』
『幽霊裁判』
『時猫』


・批評
初期作品と言う事で、クオリティに関しては当然後年の作品に劣る。
というよりも、スタイルをまだ確立できていないという方が適切かと思う。
(アシモフ自身がこの本に書いている解説にも、
 自身でそう受け取っていると思われる箇所がある。)

アシモフらしい、先読みを許さない展開は時々顔を覗かせる。
対話の中でのどんでん返しや、思わぬ穴を突くオチである。
しかし、全体としてやはり初期作品集だという感じ。

個人的に楽しめたのは、『ガニメデ』、『決定的!』、『時猫』辺り。

とはいえ、400P越えで600円台は安いと言えるでしょう

性悪だか善だか、自己猜疑的になり続けつつ、結局朧げでわかった気になっただけ?

  • 2011/05/01(日) 22:57:05


感想は、明日から1作品ずつ更新されていくようにしました。

正直、書きたいことを書ききれてはいないので、
ちょこちょこ足す形になるかと・・・
それくらいなら携帯からでも出来るかな?

とりあえず溜まっているアニメを書き終われば、
主な追加は日々の読書と3ヶ月毎のアニメな訳ですから、
継続はそんなに難しくないハズ・・・。





『俺の妹はこんなに可愛いわけがない』13、14話を観ました。
彼の妹はフェイドアウトし、代わりに後輩がズンと出ておりますが、
良い意味でほぼ相変わらずで面白いです。
ただ、一発ネタが若干多い気が。少し気になります

オープニングでスカートの中身モロだったり、
黒猫のエッチな発言だったり、
段々そういう要素が増加中(?)
前からエロ要素もあったけど(桐乃の趣味を除いても)
ネット配信だと規制とか気にしなくていいのかな?(適当に言ってます)




鼻水がずびーいんぐです。朝起きると喉も痛いです。
風邪臭い。
薬飲んだしまぁ大丈夫でしょうけど。
寧ろ鼻水=花粉症じゃないといいなーと思いますね・・・
喉にくるってことは風邪だよね。うんそうだよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。