スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想像の現実化

  • 2010/07/28(水) 21:44:27


絵を描くのって意外と怖い作業です。


良い絵(想像通りの絵)を描こうとすればするほど、

そこには現実が壁となって阻害するもので


つまりは理想と現実のギャップが生じます。



「良い絵」を目指すということは、頭の中の理想を頭から引っ張り出すこと。


現実とは大抵到底理想からは離れているものですよね。

つまり絵を描けばそこには何かしら落胆が(大抵)付き纏う


それは怖い。


しかしここで更に恐れるべきは

現実化させることを恐れ、止めてしまうこと。



或いは柔軟性を持って臨むことがいる。

「これはこれで良いのではないか」、と




この思考において邪魔しているものは

「自分には理想を理想のまま描くことは出来ない」という意識ですよね。

簡単に言えば自分の能力への猜疑心


でも描くのは

理想が出来ないなりにもがくのが楽しいのか?

いつか頭の中そのまま描けると思っているのか?


後者は不可能そうで、意外と否定し辛い感情。





まぁ描くのが楽しければそれで良い。








美術部は引退したわけですが

文化祭に何枚か水彩を展示してもらう予定なので

もし私がどこの高校に行ってるかわかる方で見たい方は是非。

(どうせ文化祭終わったらここに載せるとは思うけど)



朝から晩まで学校にいるので、なかなか絵が進みません。

夜には友人と泳ぎにいったりするので、更に時間無い。

勿論あるにはあるが心身共に疲れているので手が伸び難い。



水彩、大分頭使いますしね。計画性が大事なわけで

油はいくらでも脱線して違うレール敷けますが

水彩は基本的な方向はほぼ変えられないわけで


まぁ何となく絵の方向性(理想像)は見えてきたところなので、

この熱を注ぎ込みたいところ。






まぁ勉強の方を疎かにしてはならないので

スイッチ。スイッチ。


因みに私は(週7日全部を)平均すると9時間くらい?

他の受験生さん、如何ですか。

負けませんので。







頭を使うことで消費するエネルギーってどのくらいなのでしょう。

賢くなることで痩せられるなら一石二鳥ですよね。

スポンサーサイト

excellent

  • 2010/07/14(水) 00:07:42


good→great→excellent

とか

(normal)→super→hyper→ultra

とかって誰が考えたんでしょうね。

辞書的な意味では上下順はないようですが

私の勘では日本人が勝手に並べたんじゃないかって気が致しますが。





昨日の記事ですが、反転にするとか追記にするとかも考えましたが

まぁ多分そういうことしても

ジャンプ読んでる人は読むだろうし、読んでない人はわからない

という結果に変わりは無いと考えて普通に書きました。


今回はそこまで批判めいて書いた訳ではないですが、

気分を害されましたらきっと申し訳ありません。


















私は衆院選で民主党があのマニフェスト出して政権得た時から

こんな感じになるだろうとは思ってました。


テレビの特番で視聴者の投稿が流れてたけど、

「マニフェストを守らないから~~」とか「守れないなら打ち立てるな」とか

「こんな結果になるとは思わなかった。失望した」とか

いろいろありましたが、

一番(?)悪いのはそんな民主党に政権を与えた国民(成人)だと私は思いますけどね。


あんなマニフェストがもし実現可能なら、

自民党はこたつに入ったまま政治してたとかそんなとこですよ。


「衆院選での勝利は"チャンスを与えよう"という国民の意志」とはよく言ってましたが

大人はこんな政治の状態にした責任を何も取んないもんね。

マスコミに扇動されてばかり。

政治家が失敗すればすぐ変わるのは国民の移り気そのままですよね。














オルセー美術館展行ってきました。

国立西洋美術館のカポディモンテ展と常設展も。


オルセーは格が違いすぎましたね。

平日の昼に行ったんですが、一枚の絵に15人くらいで見てましたから。

絵の質も凄すぎる。教科書に載ってるようなのが15枚はありましたね。

見ながら口元が緩んでました私。

キャッチコピーの「空前絶後」はどうせ売り文句だろうと思ってましたが、

本当に空前絶後レベル。

普段美術見ない人も見るべきだと思う。


ちょっと残念だったのは、人が多すぎて離れて見れなかったことですね。

点描とかそんな近づいて見てばかり居ても……ね。

最近、水彩を始めてから印象派が好きになってたんですが、

丁度なタイミングでした。(ポスト印象派なのでメインはゴッホ・ゴーギャン辺りでしたが)


とても満足してきました。

もう4回くらい行きたい。出来れば貸し切って一人で見たい。

あぁ、ヨーロッパ行きたい。










水彩の方は、見事パレットの溝が全部埋まりました(16色)

暫くは(?)新しく色買うの自重しよう。


行き当たりばったりで買ってるので大分偏ってしまったのは後悔。

傾向と対策

  • 2010/07/13(火) 00:46:36


「人は実は自分のことがよく見えていない」

、というのは現代文的論点でメジャーなものです(と習いました)が


最近のジャンプ(の新連載)が妙に臭いのはそこな気がする。


確かに自分で

「俺は○○だからな!」

とかいう方が解りやすくはあるのですが……




多分私もこれだけ偉そうにいろいろ語っといて

自分のこと解りきれてないんでしょうね

だから尚更考えるのかもしれませんが






あと、私の勝手な予想ですが

新連載の面々からして何となく編集部さんは

読者の平均年齢を下げたいんじゃないかと言うような気がしているのですが

どうでしょうかね。違うかな。


でもだとしたら少年疾駆を切るのは許せませんな。

リリエンタールも惜しかったけど、どうにか頑張って欲しい。


因みに私、「少年疾駆」好きじゃないですけどね。

盛り上げ方とか凄く上手いと思う。

段々高感度が増すタイプの作品。





まぁ、寧ろ私が少年誌の似合わない精神年齢になって来たんでしょうかね。

もしかするとその内WJ買わなくなるかも……?












私、携帯の写真はヤフーのアドレスに送ってダウンロードしてるんですが

パソコンの設定が変わったのか画像が弾かれてしまい

よって絵が貼れず……

今度のは傑作なんだけど。な。

ボタニカル

  • 2010/07/08(木) 18:42:32


roses.jpg

途中(更に上下逆)


油絵やってた時はあんまり気にしなかったけど(寧ろ好きだったけど)

混色して彩度が落ちるのが凄く気になる。

欲しい色が貰えない。

あぁ、この世はやはり金なりや?


作っても理想に届かないとなると

やはり買いたくなるのが心情。



例えば、この右上(=左下)の青塗ってるときは

プルシアンブルーとかインディゴが欲しい…!になったし

右から二番目(=左から二番目)の紫作る時は

バイオレット系のヤツ買っとけば良かった……!になる。


問題は、カラーチャートと実際の色が違うことでして。

もう少し正しい色を示してほしいんですが……

思い通りの色じゃなかったらと思うと買うのを躊躇います。

まぁ買うけど。



勿論、目立たせたいモノ以外はある程度彩度落としたほうが良いんだけど、

その調整が結構難しい。

混ぜて彩度落ちて濁ると「何で水彩なのに」と感じてしまうので

頭の作り方も難しい。



(今日)水張りテープと板買って、スケブを張って塗ってみた。

ちょっと張り方ミスったと思ったけど、予想以上に描き易い。

本当はもうワンサイズ小さい板買うべきだったんでしょうけど。それは後悔

塗っても歪まないくらいピンと張るのはこの大きさだと大変そう……

滲み暈しすると絵具が谷間に溜まってしまいます。おろろ。




ちょっと思ったんだけど、水彩1セット(絵具18色、筆、パレット、紙、水入れ辺り)

合計で一万円にもならずに揃えられる。

例えばゲームならソフト2本で一万円くらい。

そう考えると画材って安い。





勉強は何の為?

  • 2010/07/04(日) 02:04:30

「俺なんか今日偉そうだな」って言ったら

弟に「いつも偉そうだろ」って言われました。

……確かに。


でもそれでいっか、と納得したので

本日も偉そうに書こうと思います。



「学校の勉強なんて何の役にも立たない」とはよく聞く言葉です。

でも私は違うと思います。

それは「役に立てようと思ってない」、「応用させてない」からです。

ただ闇雲に暗記して、テストの為の勉強するからそうなるんだと思います。


私の考えでは、テストで点を取る"頭良い"は、

生活の中での"賢い"の下位相当で、

確かに点を取ることは誰にでも(何もせずに)出来ることではない。

だからと言って、それはあまり評価できないことだと思うのです

プラトンの「魂の部分"理性"→四元徳"知恵"」みたいな感じでしょうか。

"頭良い"は一を聞いて一を知るだけで、悪く言えば猿真似です



私の主張としては、授業は一生をより賢く生きる為の術を学ぶべきところです

つまり、学校の勉強で「テストで点を取ること」しか覚えないのは意味が薄い

そう思います。


では、どうやって"頭良い"を"賢い"に昇華させるかと言うと、

昇華させかたは恐らく人それぞれあるんだろうと思いますが、

私としては"好奇心"と"理解"が重要だと思います。


暗記をしている人にありがちなのは、

理解していないことと、必要性に駆られて仕方なくやっていることです


常に物事を観察して理由や意味を考えることに繋がると思います。

そしてそれを理解して利用すれば、それが"賢い"ということ。

利用には、例えば授業で知った知識を会話に引用することも含まれます。

考え方の引用も利用。


ですから、一を聞いて一しか覚えられなくても、

一を使ってAを理解できたら"賢い"。



例えば歴史で言うと

ただ年号や用語を覚えるのは"頭良い"の範疇。

それを時代の流れや背景を捉えつつ理解するのが"賢い"


無論その賢さを授業中でしか発揮できなければまだ賢くはないってことに。

「よく生きること」にまで応用すること。


つまり、授業を使い方次第では生活に影響させられることに気付いてないから

「授業は人生において無意味」となるのだと思うのです。










こう語れるのは、まぁ自分はある程度賢いという自負があるからですよね。


前から「本当に勉強は役に立たないか」は疑問として私の中にありましたが

はっきり意識するようになったのは毎日勉強するようになってからですね。


今まであまりテスト勉強(あくまで授業は除く)に精込めてませんでしたし

そういう点では賢い生き方ではなかったかもしれませんが

まぁ今尚それでも学年平均割らないのは賢いからだと思ってますし

(というかろくに受験勉強しなかったのに

今の高校入った時点で賢いよな、って思ってましたし)



まぁ私はプライド高いので(当社比)、

賢くないと(又はそう思ってないと)やってられませんね。


自分で自分を貶すのはまだしも、誰かに貶されるの大嫌いですし

優しさとか求めながらも根底では人を見下してるんですよね。

そういう自分は大嫌いなんですが。

実は見下してるからこそ貶されたくない、貶すな!と思ってしまう。

……逆に言えば自分が相手より優れていて優しいと思っている

つまり「俺は優しく出来るのにお前は理不尽なんだな」みたいな思考が。


嫌ですね。

でもそれが普通、だよね。 ?

















今日はオケ休んで

試験前々日ですし。7時間勉強しました。新記録です

"定期考査は点が取れないけど模試は良い"のジンクスを破りませう。


夏休みは一日10時間勉強、って言うけど

多分飽きますね。

飽きると(=興味がなくなると)途端に虚脱するので。

そういうときだけは丸暗記できる人が羨ましいですね




尊敬する国語科の(担任の)先生に、

現代文の授業で書いた小論文を褒められました。

受験で使う予定の小論文ですが、既に十分戦えるって言われた。


一年の時も文才あるって先生に言われたけど、それほどとはっ。

勝手に自分の中では文才あるって思い続けてたけど、本当だったんだね(笑)

結論が若干ずれてしまったので、ちょっと不安な出来だったんですが、

自信持ちます。素直に嬉しい。




因みにSQはちゃんと買いました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。